2017年07月05日

軍事、権力をもてあそぶ安倍政権に鉄槌を!!

 都議選で自民党が歴史的惨敗を喫した。
 安部政権による、嘘とごまかしと暴走政治に国民の怒りが沸騰しています。
安倍首相は、憲法を擁護し・遵守しなければならない立場です。
憲法改定の具体的日程や9条の改定の具体的内容を示すなどもってのほかです。
不祥事続きの大臣発言、また、首相のチルドレンと言われる稲田朋美大臣や暴言・暴力で入院中の女性議員も、あの親にしてこの子有りといえないでしょうか。
  さて、全国に自衛隊基地は5つあります。北部方面、東北方面、東部方面、中部方面、西部方面の5つですが、その5つのトップに立つ「陸上総司令部」を東部方面の朝霞駐屯地に設置されます。
  樹林公園の脇に建設中ですが、
  敷地面積91万u、地上4階、地下2階、300人規模が配置されます。5000本の樹木が伐採されたと言うことです。
  1954年に自衛隊が創られて以来の大改革です。
  こうした政治の動きの中で、全国の自治体を結んで歩き続ける「平和行進」の意義は大きいと思います。共にがんばりましょう。

DSC01492.JPG

DSC01507.JPG
posted by 吉田けさみ at 16:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

共謀罪法とエドワード・スノーデン

オリバー・ストーン監督による映画「スノーデン」を鑑賞しました。

  映画は、携帯電話などを遮断し、エドワード・スノーデン氏が極秘にマスコミの取材に応じる場面からはじまります。
  スノーデン氏は、9.11テロをきっかけに、アメリカを守りたいという思いから、CIAや国家安全保障局などで能力を発揮します。
  世界中の外国人に関するインターネット上のデーターを検索し、分析するためのNSAが使用する元極秘コンピューターシステム等、ありとあらゆる個人情報を入手し、検索します。
  パソコンを開いたままにしていればそこから情報が盗み出されます。
  情報にかかわる仕事であるがゆえに恋人との生活も監視される。どれほど緊張した生活だったことか。
  映画の最後にモスクワで暮らすエドワード・スノーデン氏とジョセフの姿が映し出されます。考えさせられる2時間10分の上映でした。
 
  共同通信社が5月に単独インタビューをおこなったスノーデン氏とのやりとりの内容を抜粋した文章が映画会場で配られました。それをさらに抜粋してみました。
 
  Q情報収集監視システム「エックスキースコア」が米側から日本へ供与された文章について、
  答「米国政府も文章は本物だと認めている。日本政府はどうして本物の文章だと認めないのか、ばかげている」。
  Q大量監視は何をもたらすか、
  答「人は『隠しごとがなければ怖がることはない。自分は普通の人間だから放っておいてもらえる』。この議論の起源がどこにあるか忘れないでほしい。第二次世界大戦のナチス・ドイツのプロパガンダだ。これこそが重要な点を見落とす考え方だ。プライバシーは「隠す」ことではない。開かれた社会、多様性を認める自由な社会を守ることだ。許可なく自由に行動できる権利のことだ。どう見られ、どう判断されるかという心配なしに公然と自由に行動できる権利のことだ。日本のみなさんに申し上げたいことは、合法かどうかということよりも、常に倫理にあっているかどうかを第一に考えていただきたい。法律は守るべきだが、社会や国民の将来のためになるという限りにおいてだ。・・・・
 
  本当に見応えのある映画でした。上映後に共謀罪法が強行された6月15日付けで、埼玉弁護士会の会長山下茂弁護士名で「組織犯罪処罰法の成立に抗議する」とした談話が川越合同弁護士事務所の弁護士さんらから紹介されました。
suno-denn 068.jpg
posted by 吉田けさみ at 20:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

野党と市民をつなぐ4区の会での活動です。

16日、一般質問も終わり、久々に駅頭に立ちました。
野党と市民をつなぐ4区の会での活動です。

  15日午前7時46分に自民・公明・維新の党は、「共謀罪法」を強行しました。
審議も不十分な中での審議の打ち切りと委員会採決もおこなわないという異例の国会運営に怒りがこみあげます。
  さて、安部首相は、日本国憲法70年にあわせて、改憲宣言を行いました。
憲法の尊重擁護を遵守する気も、国の根幹をなす憲法に対する敬意もなく。
憲法9条に3項に自衛隊を書き込むというのですが、そのことによって、自衛隊と9条の矛盾が憲法の中に持ち込まれるだけです。戦争する国に固執する異常さ。
現在、北朝鮮のミサイル発射や核開発によって、アジアに緊張が続いていることは、確かです。トランプ大統領が「あらゆる選択肢がテーブルにある」といえば即座に支持時し、歓迎する安倍首相。
トランプ政権が北朝鮮に先制攻撃を行えば、韓国や日本を巻き込んで、おびただしい犠牲者がでるだろうと言われています。
  2015年に9月に強行された安保法制、戦争法、2013年12月に強行された秘密保護法、昨日の共謀罪法、どれも違憲立法、「海外で戦争する国」づくりの道具立てになっています。
北朝鮮問題については、国際社会と協調して、経済制裁を強化しながら、外交交渉に努力すべきです。
駅頭では、「共謀罪法、ホントに危険ね」「困るわよ」と声をかけていただける人が増えています。
  一般質問では、「陸上自衛隊は、1954年の発足当時から、全国5つの方面隊に分かれ、体勢が取られてきましたが、今年度末には、それらを一元的に指揮する陸上総隊が創設され、これまでの中央即応集団が廃止され、特殊作戦軍や中央即応連隊、第一空挺団、第一ヘリ団などの隷下部隊は、陸上総隊に編入される陸上自衛隊の創隊以来の大改革がすすめられています。
 和光市には『自衛隊等の行為または防衛施設の設置もしくは運用による障害の防止等のため』として、『民生安定施設の助成』という内容で、国から補助金が交付されています。交付金を受け取ることで、国に対してものが言えなくなるのではないか、市民も危険と一体に、我慢を求められることになるのではないか、とした一般質問を行いました。
]
DSC01453.JPG
posted by 吉田けさみ at 11:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

憲法集会 東京臨海広域防災公園に私も参加しました。

  東京・有明にある東京臨海広域防災公園で開催された、憲法集会に私も参加しました。参加者は主催者発表で5万5000人余り。会場に到着した時はすでに各野党の代表から連帯の挨拶が行われていました。なんと!参加者の多いこと。しかも大学生ら若い層の参加者も目立ち、昨年を上回っていることを実感しました。
 日本国憲法施行から70年です。世界で最も進んだ恒久平和の条項として9条、男女平等や思想・言論・表現の自由など人権を大切にする30を超える条項が今の政権のもとで生かされているでしょうか。憲法は国民ひとりひとりのためにあります。崇高な理想を掲げた憲法のめざす政治を実現させたいとあらためて思います。
 若い女性が一人。「自民党の憲法改定草案」を広げ、スピーチの内容に耳を傾けている姿が印象的でした。
 2020年に改憲し、3年後に施行を目指すという安倍首相の言葉に軽さだけを感じます。
今日の世界情勢、先駆性をもった日本国憲法と政治、ともに学びつつ歩みたいという思いでいっぱいです。

DSC01339.JPG
posted by 吉田けさみ at 19:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

第88回北足立南部地域メーデーに参加しました。

第88回北足立南部地域メーデーに参加しました。
開会宣言、主催者あいさつ、来賓として地元の弁護士さんらのあいさつの他、次期衆議院4区の候補者として活動している朝賀ひでよしさんと吉田よしのりさんから挨拶がおこなわれました。参加団体として、最初に理化学研究所労組執行委員長からは「研究者の8割が非正規労働者となっているなど」としたお話が、また、新座学童クラブでは「指導員が不足したまま新年度の事業がスタートしている」など、働く者の団結で生活と権利を守ろうと力強い訴えが行われました。
平日ということもあり、参加者は412名だとする報告がありました。
天候の急変悪化も心配され、デモ行進はおこなわれず、青葉台公園で交流が行われました。それぞれの団体が笑顔の輪になって、楽しい時間を過ごすことができました。
戦争法廃止、立憲主義・民主主義を取り戻そう!なくせ、貧困と格差、8時間働いて暮らせる賃金を!安倍暴走政治ストップ!・・・すべての市民・労働者のみなさん、ともにがんばりましょう。

IMG_20170501_154702.jpg
posted by 吉田けさみ at 00:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

共謀罪で監視社会を造る安部政権

共謀罪で監視社会を造る安部政権。

本日、街頭宣伝で訴えました。
今の大きな流れをみると、安倍政権は「戦争のできる国」へと、国のありようを変えてきています。共謀罪法案は、安部政権の特徴をとてもよく示しています。安保関連法=戦争法の時もそうでしたが、法の基本原則を守らず、数の力だけで無理やり動かそうとしているところが共通しています。
安保法制、戦争法で、武力紛争に巻き込まれる危険を高めました。特定秘密保護法は、大事な情報を国民に知らせず、知ろうとする国民を処罰します。そして、共謀罪は、政権の判断で一般の市民を監視の対象にするのですから、メールやSNSの投稿でも、もしかしたらまずいのではないか、と疑心暗鬼になり、自発的にものを考えない、そういう人を生み出します。上から言われるがまま、もの言わぬ国民をつくります。かつての軍機保護法や治安維持法がもの知らぬ国民、もの言わぬ国民をつくった戦前の日本のありようととてもよく似ています。
戦前の治安維持法の下でおきた横浜事件では、雑誌編集者や新聞記者ら約60人が逮捕され、30人以上が有罪となり、4人が拷問で獄死しています。そういう冤罪を繰り返すことは絶対にあってはなりません。
すでに日本政府は、テロ対策の条約をすでにいくつも締結しています。
安部政権は、共謀罪法案について、国際組織犯罪防止条約を締結するために必要だ。テロ対策だ。と言います。しかし国際的組織犯罪で認知されているのは、お金儲けのために継続的に犯罪をしている集団です。外国で言うとマフィア、日本で言う暴力団です。こういう人たちの犯罪はテロではありません。このように、嘘やまやかしで国民に不安だけをあたえる安部政権の常套手段ではありませんか。秘密保護法につづく共謀罪で、あなたを守りますという庇護のマスクをかぶって、私たち一般市民を監視する社会づくりは、絶対に許してはなりません。
戦争する国づくりのために、教育勅語を否定することもせず、道徳を教科にし、集団的自衛権で自衛隊を海外に派兵するなど、この一連の政権の動きは、憲法を変える事よりも憲法を壊して先行して悪法をつくっています。国民の知らない間に「戦争がはじまっていた」。あの時代を繰りかえさせないために共謀罪法案を廃案にするために共にがんばりましょう。

DSC01256.JPG
posted by 吉田けさみ at 18:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

埼玉4区野党統一候補を目指して!

埼玉4区衆議院議員予定候補者との懇談が行われました。参加者は56名。残念ながら共産党の朝賀ひでよし氏が高熱で欠席し、民進党の吉田よしのり氏との懇談になりました。私は、URの住宅再生によって、8月中に退去せざるをえない近況を話しつつ、住宅政策について聞いてみました。吉田よしのり氏は「政策課題としてしっかり考えたい」とする答えでした。
収入が少なくて親元から独立できない若者、住宅を借りたくても高齢のため借りることもできないなど、老いも若きも住宅問題は深刻です。
 ところで自民党は3世代住宅のための改修や建築に補助金を交付するという政策を持っています。現行憲法は、人は「個人」として「尊重」されなければならないという「基本的人権」を謳っています。が、改憲勢力の目指すものは「個人」を再び「家」の中、「国家」のに閉じ込めていこうとしています。そのためのひとつが3世代同居住宅です。子は親を看る、親は子を育てるという「自助と互助」で自己責任を強調する自民党。さらに「親孝行という言葉が入っている」との理由で「教育勅語」を肯定的に評価する稲田朋美大臣。そして、この「教育勅語」を学校現場で教えることを容認するという政府の暴挙。
家族で助け合うのはあたりまえ、子は親に従い、人民は天皇の赤子という戦前の教えが何をもたらしたでしょうか。
安倍首相は「美しい日本をとりもどす」と、あの時代の再来をめざしています。直接「改憲」とは言わないけれど、着々と改憲をめざし外堀を埋めていると感じます。[写真]挨拶する吉田よしのり氏

DSC01158.JPG
posted by 吉田けさみ at 23:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

浦和駅東口で小池晃書記局長、緊急の党演説会

4月1日、浦和駅東口で緊急の党演説会が行われ、参加してきました。
弁士は、小池晃書記局長と梅村さえ子衆議院議員の他、さいたま市長選予定候補などが紹介されました。
 小池さんは「森友学園理事長に、国有地を格安の値段で、しかも例のない借地契約で月々の返済を100万円とするなど、議員の関与なくしてあり得ないこと。なぜなら公務員というのは前例や法規に基づき、また上司からの指示がなければ動けないのが公務員だ」と、歯切れよく話しています。同時に森友学園(塚本幼稚園)の「教育勅語」の暗唱がなぜいけないのか、戦争への道を歩んだ痛苦の経験から、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成」が現憲法に生かされていると話しています。
 また、志位委員長が、核兵器全面廃絶につながる、核兵器を禁止する協定について交渉する「国連会議」に、唯一の被爆国である政府が棄権し、日本を代表して志位委員長が参加し発言したことも報告されました。
 とても寒い日でしたが、声援が飛び交いました。


DSC01077.JPG

DSC01088.JPG



posted by 吉田けさみ at 09:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

西大和団地自治会の婦人部懇親会

  29日、西大和団地自治会の婦人部で、今年度1年間の反省と交流をかねて懇親会が行われました。
メンバーは20人弱ですが、その多くが70代となっています。
手作りの一品を持ち寄り、コンビニ弁当を添えて、楽しく懇談を行いました。
「何も役に立たないけれど、参加させてください」と口々に言うけれど、毎月開催しているふれあい喫茶を楽しみにされているみなさんと、参加する事を喜びとしている人たちで地域の交流が成り立ていることを実感し、お互い様の大切さを感じています。
  振り返れば上尾団地や新座団地の先進例をみんなで視察し、今日に至っています。団地内で清掃をされている方、趣味でオカリナやハーモニカを吹いてくださる方、踊ってくれる方などの協力と季節に合わせて、お菓子の他にお萩やチラシなど工夫し、おもてなしが行われています。
  月々の参加は、メンバーも含めて50人〜60人だということです。コーヒー代金は100円で、次回は4月12日です。

00006.JPG
posted by 吉田けさみ at 11:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

富士見市の市議選で寺田りょう候補の応援に

富士見市の市議選で寺田りょう候補の応援に。

東日本大震災から6年がたちました。ふるさとにもどれない避難者は12万人。原発事故による避難者は8万という状況です。
 けれど17日に福島県外に避難している住民のみなさんが、勇気をもって国と東電に損害賠償を求めた訴訟に、国の賠償責任を認める、「一部勝訴」という判決が出されました。
原発が人類と共存できないことをしめしたのが福島の事故ではありませんか。原発の再稼働と原発の輸出に企業とともに前のめりとなっている安部政権は許せません。いま最大渦中の 学校法人「森友学園の問題」では、国民の財産を破格で売り渡し、安倍首相と稲田朋美大臣のかかわりを徹底究明することが求められています。そして、憲法違反の南スーダン派兵では内戦状態で戦闘が繰り返される現地の実態を報告する「日報」を国民の目から隠蔽するなど、2重、3重の疑いに、責任を取るべきではありませんか。
働き方問題でも、月80時間の過労死ラインを、実態にあわせるとして100時間にするという。命を軽んじる安倍政治を続けさせるわけにはいきません。
 「安部政権、退場を」と、訴えました。
posted by 吉田けさみ at 11:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする