2018年12月03日

追悼 宮崎晃氏

  先月の25日午後、映画監督で脚本家でもある宮崎晃さんが胆管がんのために84才で亡くなられました。映画「泣いてたまるか」を脚本・監督し、「家族」等、アニメでは「あらいくまラスカル」、「ムーミン」などをてがけてきたとお聞きしています。 
葬儀にはご近所のCIハイツのみなさんをはじめ、映画監督の山田洋次さんらも参列されていました。
CIハイツのIさんが通院等のお手伝いをしていたこともあり、誘っていただきコーヒーをご一緒したことも何度かありました。
「最近は痩せてねー」と話していましたが、絶えず優しい話しぶりの中に、作品に立ち向かう鋭さを感じさせる一面がありました。
病気を患いながらも、宮崎晃さんの制作者としての人格と優しい人柄がにじみ出ていました。
寂しさを感じています。

宮崎晃 006.JPG
posted by 吉田けさみ at 12:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

映画「タクシー運転手」を鑑賞しました。

  韓国映画『タクシー運転手-約束は海を越えて』を鑑賞しました。
  韓国で1200万人を動員し、2017年のナンバー1ヒットになった映画です。

  ドイツ人記者のユルゲン・ヒンツペーターさんという実在した人物をモチーフに、ソウルのタクシー運転手と光州市民の献身的な姿に心が熱くなりました。
1980年5月に起きた韓国光州事件の真実を伝えるために戒厳令がひかれた光州に命の危険を顧みずに入る外国人記者。
潜入手段として使ったのがソウルのタクシーです。「大金を支払う」という言葉につられて、検問を切り抜け、光州に入りました。
 しかし、そこは民衆による反政府の蜂起で、殺伐とした街に、デモ参加者は20万人を超えていました。軍の銃弾に倒れた市民を、次々と光州のタクシーが病院に運びます。
 市民を暴徒と決めつけ、「このアカ」が!と、学生や市民を「アカ」として銃弾を浴びせていく様にむごさと軍隊の怖さを感じました。報道にも嘘を事実として報道する姿勢がありました。
 ドイツ人記者に、光州事件の事実を知らせてほしいと、市民が記者を守り抜きます。
タクシー運転手も家に残した娘のことが気がかりですが、記者とともに行動します。
平凡なタクシー運転手と外国人記者、学生など光州市民が危険にさらされている中で、軍の制圧に負けずに、最後まで信念を貫く姿は、映画の中で「市民一人一人の思い」として伝わってきます。感動しました。
鑑賞しながらなみだをふいても又なみだで、顔はぐしゃぐしゃ。
 国家権力に左右される報道。先日のジャーナリスト安田順平さんの解放に「個人責任」とする発言こそ、「ジャーナリストとは何か」を問われなければならないと、映画鑑賞の後で感じました。
 時間があったら、もう一度、観たい映画です。
posted by 吉田けさみ at 10:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

JCPサポーターまつりに参加しました。

  青山公園で開催された「JCPサポーターまつり」をちょっと覗きに行きました。すでに和光市駅を出るときには現地の様子がインターネットで中継されていたそうです。はやっ!驚きです。
NHKの日曜討論会に参加し、大急ぎで駆け付けたのでしょうか、小池晃参議院議員との瞬時の握手。(写真)そして、小池さん、犬としっかり散歩していますかと声をかけたくなるような食べっぷりの良さ。
中央ステージに立った志位さんは、参加者からの素朴で率直な質問に答えていました。埼玉のテントではヘイトスピーチ、自己責任論、lGBT、憲法問題などで熱く語った伊藤岳さんと中沢けいさんの対談を拝聴する事ができました。
   ジャーナリスの安田順平さんが無事に解放され、日本に帰国した事に対して「自己責任」とする論評を振りまいている報道のあり方については、ジャーナリストの役割とは何か?マスコミはどういう立場で報道すべきか?もっと言及してほしかったなぁーと、少し残念に思いました。
コンパクトな会場でしたが、サポーターのみなさん、党国会議員さんらとの身近な交流。充実した時間を過ごすことができました。
posted by 吉田けさみ at 00:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

朝霞一部事務組合の事業である屎尿処理施設の竣工式に参列しました。

今日は朝霞一部事務組合の事業である屎尿処理施設の竣工式に参列しました。
4市で1日、平均38キロリットルの屎尿が処理されています。
管理者の松本市長、北関東防衛局長などが挨拶をしました。
さて、話題となっている杉田水脈議員の言動は「考え方の相違」で片付けられるものではありません。「この、ハゲー」で物議を醸した豊田真由子さんの暴言とは明らかに質が異なります。
自民党の杉田衆議院議員が「性的少数者は、子どもをつくらないから生産性がない」とした発言に、自民党は何のコメントもなく、容認しました。
2年前に「津久井やまゆり園」で多くの障害者の命を奪った、植松被告は「ヒトラーの思想が降りてきた」と。
この2つの考え方はあまりにも人権意識に欠けています。
生産性や効率性、成果主義ばかりに価値観を置き、人の能力の違いに優劣をつけていく優生思想につながっています。
かつて、この思想に基ついて、ユダヤ人を大量虐殺したナチス・ドイツは同性愛者まで殺戮しました。
行き着く先は、自民党の憲法草案にみられるように、「人権よりもお国のために子を産み、戦争へ」とした考え方といっしょでは。
010000.jpg

posted by 吉田けさみ at 12:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

来年の3月までの工期で、庁舎防災拠点工事おこなわれています。

昨年の8月から来年の3月までの工期で、庁舎防災拠点工事おこなわれています。今年も埼玉土建(組合員6万7,000人)のあさしわ支部のみなさんと共に安全な現場を求めて、庁舎の駐車場に設置されている事務所にお邪魔し、「現場調査」をおこないました。
 対応していただいたのは、元請けの千代本興業(株)の田中さんと現場監督さんなどです。工事騒音、来庁者の安全等を考慮し、従業員は平日4人程度で、土日は人を増やして改修工事をおこなっているとか。
 労務単価が若年者を対象に引き上げられていますが、公共工事の場合はそれに近い単価を支払うこと、また、社会保険への加入、建退共の証紙貼付についても下請けにも徹底するよう通知しているとのことでした。
特に熱中症、転落事故の防止については厚労省からも通知を受けて、2人以上で工事にあたり、お互いに声をかけあうこと、フルハーネスの着用も勧めていると話しています。
施工台帳が整備されていること等を確認し、あさしわ土建の組合員さんと元請けとの間で、労働安全衛生の確認書を取り交わす現場に立ち会いました。
建設労働者の組合員さんが工事現場に出向き、仲間を守るために呼びかける運動に取り組まれている努力に敬意を表します。
076.JPG
posted by 吉田けさみ at 10:41| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

16日(土)日本共産党演説会に参加しました。

16日(土)日本共産党演説会に参加しました。
日本共産党書記局長で参議院議員の小池晃さんを迎えた演説会は、さいたま会館の大ホールも小ホールも満員となりました。最初に応援演説をしてくださったのは、大東文化大学の准教授渡辺雅之さん、作家の中沢けいさんです。小池さんの隠れファンだと話す中沢けいさんとは和光第四小学校で、子どものサッカーチームをとおしてお互いに保護者として知り合うことができました。
あれから何年?肩書きをみると近寄りがたい存在ですがとても気さくな方です。市民運動をとおして顔を合わせることができ、本当に励まされています。
今度の参議院議員選挙に出馬予定の梅村さえ子さんと伊藤岳さんも元気に挨拶されました。
世論調査ではまたまた安倍内閣の支持率は低下しています。森友・加計疑惑に背を向けながら、過労死をいっそう加速するような働き改革、カジノ法案の強行など許せません。
野党共闘の前進と日本共産党の躍進で安倍内閣を退陣させようと訴える、力強い演説会でした。
駐車場も満員で、出庫するのに40分近く待ちました。

IMG_0016.JPG
posted by 吉田けさみ at 09:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

「子どもの貧困と向き合う」和光市教育・分化センター主催した講演会に参加しました。

9日、和光市教育・分化センターのみなさんが主催した講演会に参加しました。
「できないって」自己責任?子どもの貧困と向き合う、と題して彩の国子ども・若者支援ネットワークの白鳥勲さんの教育実践をとおして、子どもと貧困、教育について、講演がおこなわれました。
 困難な環境でも中退しなかった生徒を見守る大人、今を生きる子ども達への共感が必要であること、現場をとおして見つめてきた貧困と学力の関係など。
 子どもは依存しながら自立し、模倣しながら自分流をつくる。それは大人に頼る、甘える、分からないと言える大人との関係の中で育つ等々。
 この活動は、今では埼玉県は勿論のこと、国からも財政的支援がおこなわれるようになり、今につながっているそうです。
 こんにち、競争的環境がつくられ、若者達が連帯する心と技術が失われつつある事、緊急に必要とされる取り組みとして、貧困世帯の所得を改善することや不利な状況の子ども達の学習到達度を向上させる。健康的な生活習慣を促進、支援する。自分が温かく見守られているという幸福感を重視する。公平性を子どもの幸福度の中心に位置づける。こうした取り組みが緊急に必要であることが話されました。困窮家庭の保護者と子どもを支援する「アスポート学習支援」の活動報告から、子ども達の成長する姿が見えてくる講演でした。
 次いで、満願寺の住職さんから、子ども食堂の取り組みについて報告がされました。シングルマザーの社会的孤立が問題視された頃に、お供え物をお下がりする考え方で、子ども食堂を開始したそうです。社協のバックアップを受けて、高齢のボランテァさん、学生さんなどの力で運営されています。多いときは100人からの参加があり、今は予約制にしているそうです。
 最後に「学び場」を運営している栗原さんの報告は、子どもサポーターズのみなさんの全面的な協力のもとで、中学生の学習を支える活動について報告がありました。
 私も心に温かい栄養を摂取できました。

IMG_00021.jpg

posted by 吉田けさみ at 13:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

市民のみなさんから「憲法9条を守る事を求める」陳情が提出されました。

3月定例議会に、市民のみなさんから「憲法9条を守る事を求める」陳情が提出されました。
陳情に反対の立場で、緑風会の内山議員が「自衛隊員は、憲法違反だと言われ続け、存在そのものが中途半端だった・・略」と、本会議場で討論しています。
 安倍首相は「違憲論争に終止符を打つための9条の改憲だ」と述べていることと主張は一致しています。
 この主張に対して、弁護士で法学館憲法研究所所長の伊藤真さんは、「自衛隊は憲法の外にあるきわめて例外的な存在であり、違憲性を指摘され続けてきたからこそ、政府は自衛隊の活動や体制、予算などのあらゆる面で抑制的に考えざるを得ない憲法解釈がおこなわれてきた」と。また、「明治憲法は、軍隊を明記して正当性を正面から認めていたが、軍事力の統制に失敗した。その反省からあえて憲法に自衛隊を書かずに統制する方法を生み出した。しかし、自衛隊を憲法に明記すれば、武力行使を目的とする軍事組織の存在を真正面から認めることになる。今では、米国が自分の国益のために軍事行動が要求されても、9条2項を根拠に断ることができた」と述べています。
さらに、憲法に「自衛隊」を書き込めば、軍需産業との協力体勢が強化され、武器の製造、輸出をする企業から称賛され、政府と大学が一体でおこなう軍事研究も強力に進められることになる。
制服を着た自衛官が教育現場に立ち、国防や安全保障の授業をし、Jアラートがなれば自衛官が学校で避難の指導をすることも問題なくおこなわれることになる。軍人としての自衛官が尊敬の対象となり、批判すれば「非国民」と非難される空気も醸成される可能性がある・・・・」と。
社会の軍事化は基本的人権にも影響がでます。憲法はいまのままで良い。戦争する国にしてはダメ!と、あらためておもいます。

IMG_0038.JPG


続きを読む
posted by 吉田けさみ at 21:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

小森陽一さんの講演会に参加しました。

4月4日、4区の会が主催した小森陽一さんの講演会に参加しました。
小森さんは、「9条破壊の動きにたいして「9条の会」を結成した原点である「主権者」として9条を持つ日本国憲法を選び直し、行動することを呼びかけています。
 9条の会は2004年の小泉純一郎政権時代、イラク戦争に自衛隊が派遣される中で発足。当時の世論調査では「憲法を変えた方がいい」が65%を占め、最大野党の民主党も改憲勢力でしたと。
2015年9月15日に安保法制の戦争法が強行され、集団的自衛権の行使を可能とする法律のもとで、自衛隊は全く違う組織になりました。
けれど市民の運動は、それを「憲法違反だ」と言い続け、9条に基づいて自衛隊を南スーダンから撤退させ、自衛隊員の命を守りました。
ところが安倍首相は、昨年の5月に唐突に9条の1、2項を残し、3項に自衛隊を書き込むことを表明し、今度こそは9条の力を失わせようとしました。
 「国際社会の平和と安全を確保するため」にという文言が入った安保法制が強行されたうえに、憲法に自衛隊が書き加えられれば、戦争放棄、戦力不保持を定めた1項と2項は完全に無効になります。
9条が自衛隊の命を救うことができなくなります。3000万署名運動を通じて多くの人たちに理解してもらいましょうと、話していました。頑張りましょう。
湾岸戦争、イラク戦争を通じて、絶えず自衛隊の集団的自衛権の行使を求めてきたのはアメリカです。
この間にソ連が解体し、それに変わって敵国となっているのが北朝鮮です。
北朝鮮との融和を主張し、話し合いを求めた韓国やヨーロッパ諸国。米トランプにすりよる安倍首相は蚊帳の外におかれています。

komori 021.JPG
posted by 吉田けさみ at 11:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

3月3日は、耳の日、そしてひなまつり

3月3日は、耳の日、そしてひなまつり
弥生の月、早咲きの梅の花があちこちで開き、春の訪れです。
ひな祭りの行事に桃の花がえらばれたの「古事記」に『いざなぎのみこと』が桃を投げて、邪気を退散させる神話が語られているそうです。菱餅の菱形、よもぎ餅の香り、ひなまつりには魔除けのしるしが沢山あります。
地方での流しびなの風習は、もとは木や草、紙の人形に穢れをうつし、川に流す行事とか。
 西大和団地の引っ越しで、ひな壇を処分しましたが30年ぶりになるでしょうか、しまい込んでいたお雛様を出してあげました。

IMG_0001.JPG

posted by 吉田けさみ at 14:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする